YouTubeチャンネル登録者・視聴回数の買い方や方法は?規約的にセーフ?

規約変更によってYouTubeで収益を得る為にはチャンネル登録者数1000人、視聴時間4000時間が必要になりましたね。

パッと見るとこの数字はとてつもなく大きな数字に見えてしまい、先が遠い…と感じられる方も多いのではないでしょうか。

そんな問題を解決させるためか、ネット上では登録者・再生数を購入できるサイトやオークション商品が販売されています。

今回は、それらのサイトでのYouTubeチャンネル登録者・視聴回数の買い方や方法、そして、YouTubeの規約的にはセーフなのかについて紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧になって、YouTubeでの収入確保を目指していきましょう。

スポンサーリンク

チャンネル登録者数購入の相場は?

YouTubeチャンネル登録者数の購入の相場は、ざっと調べてみたところ、100人当たり1000~1500円くらいの業者が多いようですね。

これが高いか安いかはさておいて、簡単に登録者数を水増しできるようになっています。

チャンネル登録者数購入の方法・手順は?

購入の手順としては、代金を支払った後に登録者数を増やしたいチャンネルURLを業者に送るだけで増やしてくれるようです。

こちら側の手間がかからないのはいいですね。

また、増加される期間についてですが、業者ごとに異なっていて、早いところだと3日ほど、時間をかけるところだと1週間ほどとなっています。

視聴回数の購入の相場は?

視聴回数については、20000再生で3000~3500円ほどが相場のようですね。

視聴回数購入の方法・手順は?

購入の手順はチャンネル登録車と同じで、購入後、動画のURLを業者に教えると、だいたい1~2週間で増加が完了するみたいです。

ただ、1つの動画の視聴回数を伸ばすだけのようですので、1度の購入だけではかなり不自然に見えてしまうかもしれませんね。

バズっている(人気爆発している)ようには見えるかもしれませんが…。

スポンサーリンク





YouTubeの規約的にはセーフなの?

どの業者の紹介ページにも書かれていることなのですが、

「購入後にチャンネル停止などはなかった」

とありますが、昔はこういった手法をとっても問題なかったようですね。

 
しかし、現在の規約では、

  • ウェブサイト等からチャンネル登録者数を購入すること
  • ウェブサイト等から視聴回数を購入すること

は公式に禁止されており、発覚した場合はチャンネル停止などの処分もあるようです。
チャンネル停止などを受けたくない場合は絶対に買わない方がいいですね。

ですので、何か特別な事情があってどうしても購入しなければならない場合のみの購入にし、
業者の方に「直近での業績とチャンネル停止などがあったか」について尋ね、せめてもの安全性を聞いておくといいかもしれませんね。

購入以外でチャンネルを伸ばしていくために

購入という手段でチャンネルを伸ばしていくのはとても危険ということが分かりました。

では、チャンネルを伸ばしていくためにはどういった手法を用いればいいのでしょうか。

外注を雇う

まず、一番手っ取り早いのが外注を雇って、動画の数を増やしていく、というのが挙げられます。

簡単な動画でしたら1本1000円もあれば作ってもらえますし、手間がとてもかかる動画の場合は、編集のどこか1部分を依頼する、という方法でもだいぶ時間の節約をすることができます。

外注についてはトップクラスのユーチューバーの方たちも依頼していますし、YouTubeの規約的にも全く問題ありません。

同じお金を支払うのなら、安全かつ自分のチャンネルの人気向上にもなる動画の量産を行っていくといいですね。

おすすめの外注募集サイト

・クラウドワークス

各種編集のプロが多く、ユーザー数もとても多い

クラウドワークスの公式ページはこちら
 

・シュフティ

主婦のユーザーが多く、時間の都合がつきやすい

シュフティの公式ページはこちら

TwitterなどSNSサイトを使う

動画のアップの際など、Twitterでも投稿した旨を伝えるツイートをすることによって反応率が上がり、視聴回数が付きやすいというデータがあります。

こちらは「ブランディング」という手法にもなり、自分のファンにしっかりとアピールをすることによって動画が見られやすくなります。

視聴回数を集めたい場合はこちらも併せて使っていくといいですね。

まとめ

今回は、YouTubeの視聴回数や登録者数の購入方法について紹介しました。
現在の規約的にはこの行為はアウトですので、健全な手法でチャンネルを伸ばしていった方が、後になって購入がバレて…というようにならないためにも良いですね。

今回の収益化対象の規約変更はかなり厳しいものに聞こえるかもしれませんが、その基準を達成したのならチャンネルもかなり大きなものになっていますので、ある程度の成果もついてきていると思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です