YouTubeの収益の仕組みや広告収入の単価・モデル・企業案件の相場について

YouTubeに動画を投稿して収入を生み出す職業「YouTuber」。

現在はかなりその職業について認知されていて、小学生の将来の夢にもランクインするほど人気の職業。

しかし、その収益の仕組みやモデルについて、あまり知られていないように感じます。

実際にYouTubeに動画をアップして収益を貰っているかいないか、また、チャンネルの規模やジャンルでも大きく変わってくるのですが、噂されている情報や、1人のケースのみで全容を知ったような方もいらっしゃるので、

今回は、私がYouTubeチャンネルを運営して知ったこと、同業者のケースからYouTubeの収益の仕組みや広告収入のモデルについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

YouTubeの収益の仕組みは?

まずは、YouTubeでどうやってお金が発生するかの仕組みについて。

こちらはご存知の方も多いかと思いますが、広告が一定時間再生・もしくはクリックされると収益が発生します。

広告ごとにも単価があるのですが、保険やカード案件の広告の方が広告単価が高い傾向にあると言われています。
こちらについてはYouTubeチャンネル運営者で流す広告については設定することが出来ず、基本的に視聴者の属性で決まります。

例えば、視聴者が保険などについて興味のある(検索履歴・傾向から)ユーザーならば保険の広告が、おもちゃ・ゲームに興味のある層なら
それについての広告が流れるようになっています。

 
広告の形式にも違いがあり、動画形式や画面下部に出てくる広告があります。
この広告が見られる・クリックされることによって収益が発生するわけですが、だいたい再生数の1~2%に収束します。

そして収益額については、再生数の10%ほどに収束します。
月によって変わることもありますが、平均して1000再生ごとに80~120円という額になってきます。

ただ、この額はある程度規模が大きいチャンネルの話ですので、規模が小さなチャンネルは1000再生されても20~40円くらいにしかならないこともしばしばあります。

このあたりについてはYouTube側がチャンネルの評価をして広告が選ばれるためだと思いますが、規模の大きいチャンネルほど単価の良い広告が選択されやすいと考えてよいかと。

 
そのため、ひとによってYouTubeの収益について話している額が違うんですね。

私が運営していたYouTubeチャンネルではだいたい1000再生90円ほどですが、私のチャンネルより大規模のものを運営されていた方は100~110円ほどというデータがありました。

10万人規模のYouTubeチャンネルの収益額については存じ上げませんが、おそらく規模が大きいほど収益単価が上がるということが適用されるならば、1000再生150~200円ほどになっている可能性もあります。

動画のジャンルでも収益が異なる

そして、こちらも収益に大きく影響を与えることですが、動画のジャンルによっても収益は変わってきます。

例えば、商品レビューや日曜大工のようなジャンルの動画が1000再生100円の報酬なのに対して、セクシーな内容を含むものや政治的な内容のものは収益単価が極端に低いという事例がありました。

具体的には1000再生20円前後、というケースも。
健全なジャンルに比べて5分の1程度ですから、これでは「YouTubeは稼げなくなった」という方がいるのもわかります。

なので、登録者が多いチャンネルでも内容によってはそれほど稼げていない、なんてこともよくあります。
広告を出稿する企業からしたら、イメージの良くないジャンルに自社の広告を張りたいと思いませんからね。

スポンサーリンク





動画審査の導入

こういったことがあって、どんな動画にも広告が貼りつけられる時代は終わり、動画審査が設けられるようになりました。

動画審査とは、その動画が広告を掲載するに適しているかについて判断するためのもので、こちらが通らないといつになっても広告が掲載されないというもの。

こちらの審査に通らなければ収益を得ることは出来ないので、初心者参入・収益化のハードルが上がってしまったという訳ですね。

 
ですので、ユーチューバーのように過激な内容の動画をアップされている方も、こちらのあおりを受けている事もあると思います。

企業案件について

そして、ユーチューバーがよくやっている“企業案件”について。

以前はユーチューバーのヒカルさんやラファエルさんという方が様々なアプリを動画で紹介したり、それらのことを「案件」と呼んでいましたが、こちらのモデルについても紹介していきます。

とはいえ、私は企業案件についてはやったことが無いので、出回っている情報についての紹介になりますが…。

 
実際に企業案件のことについて知っているユーチューバー・シバターさんはご自身の動画で、

「案件動画1本につき登録者×1.5倍の収益が入ってくる」

とお話しされていました。
規模の大きいチャンネルを持つユーチューバーがこぞって商品を紹介しているのはこういった側面があるんですね。

この額について正確かどうかはユーチューバーのみぞ知る…といった感じですが、シバターさんは実際に企業案件仲介会社の「BitStar」を利用していたことがあるようですから、
全くのデマということは無いと思います。

まとめ

今回は、様々な情報が飛び交っているYouTubeの収益についての記事となりましたが、ざっくりまとめると、

  • 広告を見るか、クリックするかで報酬が発生
  • 動画の再生だけでは収益は発生しない
  • チャンネルの規模、動画内容で報酬単価も変わる
  • 広告掲載にそぐわない動画の収益は極端に低い、もしくは掲載されない
  • 広告掲載にあたって審査がある場合もある
  • YouTuberがやっている企業案件の報酬は登録者×1.5(?)

ということですね。
なかなかユーチューバーの収入や実情について詳しく聞く機会というのが少ないと思い、記事にしました。

本ブログではユーチューバーの収益について予想したものを記載する記事がありますが、予想の場合はこれらのケース、情報をもとに概算しています。

企業案件については不明瞭な部分ですので考慮せずに書いていますが、案件を行っているユーチューバーは1000再生80~120円というベースにかなり上積みして収入があると考えていいかと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です